マウスピース型矯正装置Mouthpiece

マウスピース型矯正装置(インビザライン)※は、透明なマウスピースを装着して歯を動かす矯正方法です。ワイヤーを使用しないため、従来の矯正治療とは違い、つけていることが見た目からはほとんどわかりません。

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)の特徴

  • 透明で目立たず、喋りやすい

    透明で目立たず、喋りやすい

    透明のマウスピースで目立ちにくく、それぞれの患者様に合わせて作製されるため、歯にぴったりフィットして喋りやすい装置です。

    透明で目立たず、喋りやすい
  • 取り外しができて衛生的

    取り外しができて衛生的

    取り外しができるため、装置に食べ物が挟まってしまう心配や歯磨きで苦労することもありません。従来通りの歯磨きで衛生的に過ごせます。

    取り外しができて衛生的
  • シミュレーション動画で
    歯の動きを確認

    シミュレーション動画で歯の動きを確認

    デジタルスキャナーを使用して、コンピュータ上で治療完了までの総合的な治療計画の立案・検討を実施。3Dアニメーション動画で歯の移動を事前に確認できます。

    シミュレーション動画で歯の動きを確認
  • 世界中で900万人が使用する装置

    世界中で900万人が使用する装置

    マウスピース型矯正装置(インビザライン)は世界100か国以上の国で提供され、900万人を超える患者様が治療を受けられている治療方法です。(2020年10月時点)

    世界中で900万人が使用する装置
  • 金属アレルギーの方も使用可能

    金属アレルギーの方も使用可能

    ワイヤーなどの金属を使用しないため、今まで矯正治療を諦めておられた金属アレルギーの患者様にもご使用いただくことができます。

    金属アレルギーの方も使用可能

注意事項・デメリット

  • ・マウスピースは指示通りに交換、装着してください。
  • ・装置の装着にご協力いただけない場合、治療が進行しないことがあります。
  • ・症状によって適用できないことがあります。
  • ・マウスピースをつけたまま飲食すると装置の変形や虫歯の原因になります。

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。未承認医薬品を用いた治療について

治療を成功させるために大切なこと

適切な診断と治療技術

マウスピース型矯正装置を用いた矯正治療の場合、「装置が勝手に歯並びを治してくれる」と認識しておられる患者様がおられるかもしれません。しかし、装置は治療目的を達成するための手段にすぎず、重要なのは適切な診断や治療計画、それを実現するための治療技術だと考えております。矯正治療を専門に行う歯科医師としての経験や知識をもとに、適切な診断と治療を行うことをお約束いたします。

適切な診断と治療技術

患者様のご協力

矯正治療を成功させるためには、患者様のご協力が必要不可欠です。特にマウスピース型矯正装置は、取り外しができる装置のため、患者様の自己管理が重要になります。私たちもしっかりサポートいたしますので、治療がスムーズに進むようご協力をお願いいたします。

噛めない、満足できないとお困りの方へ

「マウスピース型矯正装置で治療をしたけど、結果に満足できない・・・」「治療が終わったけど噛めない・・・」と悩んでおられませんか?実際にこのようにお悩みの患者様は増加傾向にあると感じております。

矯正治療によって「見た目」を美しく整えることはもちろん重要ですが、「噛める歯並びや噛み合わせ」をつくることこそが矯正治療の真の目的です。また、矯正後の10年、20年後の将来を見据えて治療を行うことがプロであり、医療だと考えます。私たちはお困りの患者様の助けになりたいと考えておりますので、諦めずに一度ご相談ください。

噛めない、満足できないとお困りの方へ

治療例

Case.1

  • 主 訴
    出っ歯が気になる
    診断名
    叢生を伴う上顎前突
    年 齢
    28歳
    治療に用いた主な装置
    マウスピース型矯正装置(インビザライン)
  • 抜歯部位
    非抜歯
    治療期間
    2年
    治療費用
    1,008,000円

リスク・副作用

  • ・患者様の協力が得られないと、治療期間や治療結果に影響を与えます。
  • ・装置による痛みや不快感がありますが、1~2週間で慣れることがほとんどです。
  • ・歯が動き方には個人差があるため、予想された治療期間が延長することがあります。

Case.2

  • 主 訴
    すきっ歯が気になる、
    再治療したい
    診断名
    空隙歯列
    年 齢
    31歳
    治療に用いた主な装置
    マウスピース型矯正装置(インビザライン)、
    マルチブラケット装置
  • 抜歯部位
    非抜歯
    治療期間
    1年2ヶ月
    治療費用
    1,008,000円

リスク・副作用

  • ・患者様の協力が得られないと、治療期間や治療結果に影響を与えます。
  • ・装置による痛みや不快感がありますが、1~2週間で慣れることがほとんどです。
  • ・歯が動き方には個人差があるため、予想された治療期間が延長することがあります。